読書2ー1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

最近読んだ本の中で面白かったものを挙げてみました。
「フェルマーの最終定理」
数学について特別の知識が無くてもわかるよう編集された、ワイルズ及び定理の歴史のドキュメンタリー。
「憲法9条・国民投票」
憲法9条の意義と政治の関わりを中立的な立場から考える。
「朝まで生テレビ・皇室は必要か」 今まで触れられなかったタブーを知識人達が語った、番組の特別編集版。
「僕らの七日間戦争」
名作です。騙されたと思って一度は手に取ってみてください。
「千里眼」
希有な過去を持つ臨床心理師の岬美由紀がテロ組織との戦いに挑みます。ここまで圧倒的なエンターテインメント性をもつ小説は初めてでした。超オススメ。
「ウンココロ」
まあ・・・科学的要素もあって面白いのではないでしょうか。
「死ぬかと思った」
Webヤギの目発の、低レベル臨死体験集。立ち読みすると多分吹き出します。
「日本の論点2008」
暇潰しに。
「ニライカナイの空で」
兄弟と玄界灘の祖父母のココロの繋がりを繊細に描いた、めちゃんこ感動する作品だがや(名古屋弁(笑
「涼宮ハルヒの憂鬱」
現在大ハマリ中の異色作(?)
これってアニメ化されてたんですね。(今度youtubeで見てみよっと)
上記はどれも面白いです。
特に「千里眼」「ニライカナイ」「日本の論点」がオススメ。
吐露比狩腐留鬱

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です