悪意/東野圭吾

東野圭吾の作品ばかり読み漁る毎日です. 昨日は日曜日だったので,1冊まるごと読んじゃうことが出来ました.

殺害された作家の知人の視点と,刑事の視点の二種類から書かれる初めてな感覚で読めた本です. この本のタイトルの悪意の意味が最後になるとそういうことだったのかってわかったときにはなかなかの快感ですね. 気がつくと数時間読みふけってしまっていたので,けっこうすぐに読み終わった感じがしています.

小説の書評を書くのはなんか上手くいかないです.というより,そもそも書評を書くのにこんなに短いのかよって毎回思ってしまいますが.

すでにこれ以外にも2冊東野圭吾は読み終わっているので,また投稿できる時間にしようと思います.

書評
pom2eをフォローする
All Work and No Play Makes Jack a Dull Boy

コメント

タイトルとURLをコピーしました

- Rental Orbit Space -