卒業研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

 本日,卒業研究論文を無事先生に提出し,卒業研究は幕を閉じました.

 本格的に研究テーマを決めて,始めたのは7月ですので,だいたい8ヶ月くらいですが,最後の2ヶ月間くらいは本当にあっという間に過ぎてしまい,締め切りに追われる毎日でした.
初めて研究をして思ったのは,

・なかなか進まない(笑
・最終的な結論はいたって簡単で,なんだそういうことだったのか.となること.
・終わりがない

ってな感じです.計画して,いつまでになにをやるって決めていてもなかなかそれに間に合わないことが,最後のデータ取りや論文執筆なんかでは起こりました.最もひどかったのは発表用のパワーポイントの準備ですが^^;
 得られた結果を,より論理的にそして学問的に説明をしようとなるとなかなか難しいんですけれど,わかってしまうと意外と単純明快.だったりしました.ただ,先生のアドバイス無くして結論には至れませんでしたから,まだまだ知識不足だなと痛感.この4年生の1年間で前より随分流体に詳しくはなりましたが,まだまだです.
 そして,得られた結果を考察すると,次はこうしてみたら,とかこの結果は説明がつかないなぁとかそういうのが出てきます.これを解明したり,改善しようとするとまた半年や1年とかかるものですから,1個わかってもその後が,ってなります.最終的に研究は,ある程度のところへ到達し,最終的なゴールに辿り着くなんてそうそうなさそうです.だからこそ研究室が何十年も続くし,何時まで経っても大学で研究する人がいるのでしょう.

 というわけで,この研究室での研究は一応これで終わりで,来年度の後輩たちへの引継ぎ資料の作成と,後輩たちの指導が来月中旬から始まります.
去年の3月に,春休みないないのかよ.とか思ってた自分が懐かしいですw

 明日から,大学の友人と卒業旅行でイタリアに1週間ちょっと行ってきます.昨日から荷造りやら準備の買い物やらで忙しいのですが,ヨーロッパに行くのは生まれて初めてなので楽しみです.

 旅行からかえって来たら,ブログの更新をまた定期的に(今年は定期的だったか微妙ですが)しようと思います.

人気ブログランキングへ 
 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ