あるキング/伊坂幸太郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

推理モノだったり探偵物だったり事件ものだったりということもなく,どちらかと言えば,あまり劇的な変化がないような作品にも思えましたが,ちゃんとドラマティックに話ができていてよかったです.

野球好きの親がいて,少年野球を初めてと極一般的な男の子の話かとおもいきや,その野球のレベルはとてつもないもので,といったプロ野球選手間違いなしの少年が数々の苦難と試練とどう付き合っていくのかというところが面白いところです.最後がどうなるかをここで話してしまうのもあまり面白みにかけるので控えたいと思いますが,ここ最近の伊坂幸太郎の伏線を回収しつつも放置する形の小説が個人的には,後味がものすごく良いわけではないけれど,なんか自由に解釈させてくれる余地を与えてくれるような気がして心地良いです.
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です