ドラマ半沢直樹の最終回は納得行かないものなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

半沢直樹 出向理由と黒幕頭取
こういう解説も有ります

 

 

ちなみに,申し上げますと私は続きが知りたくなって仕方がなくなったのでKindleでロスジェネの逆襲を購入してしまいました.ものの2日で読破しました.やはり読書には勢いというものが大事ですね.

なんで出向になったのかについて要約すると,旧産業中央銀行と旧東京第一銀行でいろいろもめていたシーンがたくさんあったことをドラマをご覧になった皆様はご存知だと思いますが,まさしく中野渡頭取(旧東京第一)が大和田常務(旧産業中央)へある程度の温情ある人事にしちゃえば,

銀行内の旧産業中央銀行のひとたちも逆らえなくなって,銀行的には一応一つにまとまるよね.

ってことなんだろうなという感じです.上のブログでもそのような見解が述べられています.原作の場合は,半沢直樹は旧産業中央ですが,大和田常務は旧東京第一サイドという若干の違いが生じており,中野渡頭取ともっと親しい感じなのかなといった感じです.

 

それはさておき,ロスジェネの逆襲ではこの出向先東京セントラル証券でのお話になるわけですが,正直言ってここが半沢直樹の真骨頂と言ってもいいのかもしれないな,と私は読んでから思いました.これを読むと,出向した理由もなんとなくつかめるのではないかとも思います.

詳しい内容を書くとまだ読んでいない人やドラマで続きを楽しみにしている方が大勢いると思うのでやめておきますが,まさに倍返しですよ.ホント笑 ここまでスカッと気持よく倍返ししてくれるのかという感じです.

『半沢直樹』のラストに激怒する人々への処方箋
個人的には,これからおもしろくなるなと思っていたのですが,意外と怒っている方が多いんでしょうか?

 

 

あまり詳しい立場ではありませんでしたが,ちょっと書いてみました.このドラマと本は私の中では,久々に,東野圭吾,伊坂幸太郎でない別の読みたい作家が現れたということで非常に忘れられないものになりそうです.

そして,来週から始まるリーガル・ハイも楽しみですね!

http://www.youtube.com/watch?v=wSnQhMSNStc

 
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です