手紙/東野圭吾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

  映画化もされてたみたいですが,映画は見たことなかったです. 兄が,強盗殺人を犯し,逮捕されたあとの弟を主人公とした話でしたが,のめりこんでしまい,すぐに読んでしまいました.被害者やその遺族の心情だけでなく,加害者側の残された人の様子を考えたことなどこれまで生きていて一度もなかったので,こんな世界が待ち受けているのかという印象です. 差別はよくないとされていますが,誰もが犯罪者の家族と関わりたくないという周囲の反応は,無関心や希薄化したつながりにも関連しているのかもしれません.

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です